雨漏り修理や補修は重要ですよ|住宅改善で欠点知らずの家に

屋根補修ついでに電気節約

修理

雨漏りのする屋根を補修するついでに、補習完了した屋根に太陽光発電のパネル装置を設置してはいかがでしょうか。太陽光パネルで熱が遮られるため、太陽の熱を室内に伝えずすみ、遮熱効果もあります。太陽の力を利用して節電も行なうことが出来るため、電力会社への売電制度のスタートを前に多くの家庭が太陽光発電パネル、蓄電池の組み合わせを導入しています。太陽光パネルと蓄電池を利用することで、自分の家で電気を作ることが出来ます。電気料を削減するほか、余った電気を蓄電機に貯めこむことで停電時の電力供給に利用、もしくは電力会社への売電を行なうことが可能です。停電しやすく、復帰が遅い環境での太陽光パネルと蓄電池設置は停電時に力強い味方になります。長く停電されると主に被害があるのは冷蔵庫でしょう。一人暮らしならともかく、家族で暮らしている場合は大体冷蔵庫にはすぐ使い切れないストック用の冷凍食品や冷凍している食材があります。停電し冷蔵庫・冷凍が使えない状態ではそれらの食材が傷んでしまいます。せっかく節約してきた食費に大打撃を受ける恐れもありますね。さらにパソコンやルーターなどのインターネット環境で仕事をしている方には仕事用のメールでのやり取りが出来なくなる、仕事が出来ない、株のトレード画面が見れないといった困った状態が現在の電気社会では起こりえます。この時に、停電期間の電気を賄う自家発電や蓄電池は停電での作業や仕事を大きく助けてくれると考えられます。地震や台風などの災害に備えて導入したり、節約目的での導入を検討するのも良いでしょう。ただし、蓄電池を置く際は、高さ120cm、奥行き30cm、横幅100cmと大きさがあるため置き場所を用意する必要があります。高温や低温に大きく変化せず、結露がしにくい場所を選んで設置が必要です。そうした置き場所があって、西日などが強く差し込む暑い環境であれば、雨漏りの補修を気に導入を検討して電気利用をお得にすることが出来ます。