雨漏り修理や補修は重要ですよ|住宅改善で欠点知らずの家に

水を浸入させない

家

雨漏り修理で応急処置的に今欠陥があるところだけを直しても、次はここ、その次はあそこ、というふうにどんどんどんどん新たな欠陥が表出してくるということが簡単に想像できます。もうそんなのもイヤですし、この家は相当長い間がんばってきているので、そろそろこの機会にリフォームやリノベーションでキレイにしてあげるべきかもしれません。家をなるべく長持ちさせて、家族が安全で快適な暮らしをしていくためには、ある程度のスパンでのリフォームが必要なんでしょうね。そういうわけで、今回外壁塗装の全面的な塗替えを行うことにしました。これは、工事業者に入ってもらってやるけっこう大掛かりなリフォームです。家のまわりに足場を組んで、養生して下地を塗って・・・・というように、多くの工程が必要ですし、人手も時間もかかるものです。ですが、そろそろやっておかないと、あとあと大変なことになるかもしれないと、決意しました。本来であれば、5年に一度は点検し、10年に一度は全面的な塗り直しが必要とされているようなので、先を考えた貯蓄にも注目しましょう。

築年数が古く、リフォームやリノベーションもしていないので、いたるところにガタがきているんです。たまたま、最近は大雨が多いので、雨漏りという形でその「ガタ」が表出してますが、見えてないだけで、建物の至る所に欠陥が出てきているだろうと予想されます。特に、外壁塗装はけっこうキてます。元の壁の色が一体何色だったのかもはやわからないくらいに色落ちして汚れてますし、ヒビや割れも出てきています。気にしないことにはしてましたが、見た目にもかなりよろしくありません。外壁塗装って、建物の防水性にかなり重要なものなんですよね。壁の中に雨水や湿気が侵入しないように風雨から家を守っているのが外壁塗装の役目でもあるのです。それがのちに雨漏り修理へと繋がります。